明日です!<改憲を許さない!武蔵野市民集会>にご参加ください

ここ数か月間、森友学園問題などの公文書改ざん、日報の隠ぺい、財務省次官のセクハラなど、安倍政権の不祥事が次々に明るみに出ています。

しかし、安倍首相の大きな政治目標が、9条に自衛隊の存在を明記するなどの改憲であることは変わっていません。今年中の改憲発議ができるのか否か、市民の声を高めていきたいと思います。

明日「改憲を許さない!武蔵野市民集会」が開催されます。この集会は、3月末から、市内の市民・労働組合・市議会議員らが集まって準備してきました。

憲法前文にある「われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思う。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」(現代仮名遣いに変えました)は、すばらしい理想であり、目標です。これに現実を近づけたいと思います。

ぜひ、ご参加ください。

*******************************

◆5月26日(土)午後7時より(午後6時30分開場)

◆武蔵野公会堂(吉祥寺駅南口から徒歩3分・丸井の東側)

◆第一部:講演

「自衛隊と9条改正」講師:飯島滋明さん

(名古屋学院大学教授・戦争させない1000人委員会事務局次長)

◆第2部:模擬国民投票

◆第3部:各界からのスピーチ

・松下玲子市長(ビデオ出演)

・国会議員(菅直人さん・宮本徹さん・福島瑞穂さん)

・市民・学生・研究者・弁護士、武蔵野市議会議員

#市長のビデオ上映、国会議員発言は開会すぐに行う予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です